滅菌、殺菌、除菌、抗菌の違い

つくづく日本語は難しいと感じます。

なんとなく漢字から推測できるのですが・・・

滅菌
全ての菌(微生物やウイルス等)を死滅させ除去する事。意味的には菌に対して最も厳しい対応。
微生物の生存確率が 100万分の1以下になることをもって、滅菌と定義している。(日本薬局法)
現実的には、人体に関してはあり得ない(ヒトの手を滅菌するには、人体の細胞ごと殺さなければならないことになる)
その為、器具などの菌に対しての用語とされている。

殺菌
細菌を死滅させるという意味。 しかしこの用語には、殺す対象や殺した程度を含んでいない。
この為、その一部を殺しただけでも殺菌と言えることになる。
厳密にはこの用語を使う場合は、有効性を保証したものではない。

消毒
病原性微生物を死滅させる、あるいは除去して、害のない程度まで減らしたり、感染力を失わせるなどして、毒性を無力化させること。
消毒の手段として殺菌が行なわれることもある。
ただし、病原性をなくする方法としては殺菌以外にもあるので、滅菌とも殺菌とも違うという意味で、使い分けがされている。

除菌
微生物の数を減らし、清浄度を高めること。 食品衛生法で「ろ過等により、原水等に由来して当該食品中に存在し、かつ、発育し得る微生物を除去することをいう」と規定されている。

抗菌
菌の繁殖を防止するという意味。 菌を殺したり減少させるのではなく繁殖を阻止する事を指すが、対象やその程度を含まない概念。

実際上の効果があっても、法律では“消毒” という表現は、薬事法の対象となる薬品や、消毒剤の場合にしか使用できないので、一般的な理解と法律上の定義には、ズレが生じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.