室内干しの臭いの原因は?

長雨が続いています。

雨が降っているとどうしても室内に干すしかありません。

しかしあの臭いが・・・・

「室内干し」「生乾き臭」の臭いの原因は雑菌です!

菌の中には紫外線に弱い菌が居るのですが、室内干しでは紫外線により殺菌ができません。

せっかく洗濯しても、室内干しですと徐々に菌が増えていくのです。ということはどんなに洗濯に気をつけてもあの臭いを取ることは不可能です。

高温に弱い菌の場合、60度のお湯で洗濯すれば臭いを抑えられるようですが、60度のお湯で洗濯するのは何かと大変ですし、衣類を傷めてしまいます。

酵素系漂白剤を使う手もありますが、色物など気を使う必要があります。

そこで・・・・

ioriaランドリーペレットなら、洗濯と一緒に放り込むだけですので、非常に便利です。

梅雨の時期には重宝しますね♪

 

 

ささやきコーヒー

富山県のきときと市場内にあるセブンラックカフェさんが販売するささやきコーヒー
竹炭パウダーが入っていてコーヒーの雑味を吸着してまろやかな味になります。

以前にきときと市場に行ったときから気になってました。

STORESで購入できるので購入しました。

すると驚く事に注文以上の数が入っていました。正直利益出ないと思います。

同封物にポストカードが。心温まるメッセーが添えてありました。
北大阪の地震を心配し、周りの人とコーヒーを飲んで「ほっ」としてくださいと注文以上のコーヒーを同封してくれました。

本当にありがたいです。感動しました!

コーヒーは本当に雑味が無くまろやかでした!

ささやきコーヒーの売上げの一部は竹林整備に当てられます。

http://sasa-yaki.jp/

無添加とは?

よく目にする無添加

添加とは付け加えるもの。無添加はその反対の意味で付け加えない。

無添加という表現を使う場合、特定の物質が使用されていない表現で使うことが多いのですが、何が無添加であるというような規定はありません

無添加化粧品などは旧表示成分や界面活性剤や石油系原料をしようしていない場合が多いです。
無添加食品などは食品添加物を使用していないなどです。

ただ、規定がなければなんとでも言える気がします・・・・・
「コラーゲン無添加」「ヒアルロン酸無添加」とか・・・

また化粧品にはキャリーオーバーという向け抜け道もあります。防腐剤無添加といいつつ腐らないのは、違う用途の原料で防腐効果を出しています。

天然の原料でも刺激の強い物もありますからね。山芋とか手が痒くなりますし。

 

ioriaお気に入りの使い方

我が家ではioriaランドリーペレットをお風呂に入れてます。

そのせいか年に一度ぐらいしか掃除しない浴槽パネルの裏から黒い汚れが・・・

今まで全くそんな事無かったのにランドリーペレットを使用して数日、汚れが剥がれたのか。

それ以外にも地震による断水で風呂の水を溜め置きする際に使用しました。雑菌繁殖の予防に繋がります。

そしてioriaランドリーミストはトイレの後に使用します!

トイレ消臭剤には香料が入っている物が多く、不自然な臭いが残ります。ioriaランドリーミストは無香料なので不自然な臭いが残りません。

アンモニア系の消臭には特に効果を発揮する気がします。

感染症予防

今朝の新聞に避難所生活における感染症予防の記事がありました。

手洗いの重要性を説明していましたが、避難生活での水は貴重です。普段のようには使えません。
今回の北大阪地震でも給水所には長蛇の列ができ、1~2時間待ちだったようです。

貴重な水で小まめに手を洗うことはできない環境では除菌シートなどが便利です。

ioriaランドリーミストも場所を選ばず使えるので、避難グッズの一つに入れておくと非常に助かります。

北大阪地震

震度6弱の地震が大阪で起こりました。

緊急地震速報も無く、いきなりドンっと突き上げるような揺れから、数秒揺れました。
揺れてる間に携帯の緊急地震速報が鳴り(携帯3個)、一気に緊張します。

出勤、通学時間と重なり、子供の通う学校から子供の引取りのメールが来ました。全校生徒グランドで待機しており、事の重大さを感じさせます。
ちょうど先週に「緊急事態による子供の引き取り訓練」があったところです。

自宅周辺では建物の倒壊などは無かったのですが、ライフライン(ガス、水道)は順次止まりました。
スーパー、ドラッグストア、ホームセンターのミネラルウォーターは既に完売。
ミネラルウォーターの製造業を営む友人から保存水を提供してもらい、幼稚園の父母の会である「おやじ会」のライングループで断水の情報を得、なんとか断水までに貯水できました。

つくづく情報とネットワークの重要性を感じます。

いつ起こるか分からない天災、正直気の付けようがありません。建物倒壊や火災、交通のマヒなど自分ではどうしようも無いこともあります。
しかしその後の生活の対応は備蓄水を用意したり、保存食を用意することで対応できることもあります。

災害は忘れたころにやってきます。皆さん注意しましょう。

行政も、食料や水をすぐには供給できません。
地震対策万全ですか?
安心安全の専門店 TSSP.jp!!

滅菌、殺菌、除菌、抗菌の違い

つくづく日本語は難しいと感じます。

なんとなく漢字から推測できるのですが・・・

滅菌
全ての菌(微生物やウイルス等)を死滅させ除去する事。意味的には菌に対して最も厳しい対応。
微生物の生存確率が 100万分の1以下になることをもって、滅菌と定義している。(日本薬局法)
現実的には、人体に関してはあり得ない(ヒトの手を滅菌するには、人体の細胞ごと殺さなければならないことになる)
その為、器具などの菌に対しての用語とされている。

殺菌
細菌を死滅させるという意味。 しかしこの用語には、殺す対象や殺した程度を含んでいない。
この為、その一部を殺しただけでも殺菌と言えることになる。
厳密にはこの用語を使う場合は、有効性を保証したものではない。

消毒
病原性微生物を死滅させる、あるいは除去して、害のない程度まで減らしたり、感染力を失わせるなどして、毒性を無力化させること。
消毒の手段として殺菌が行なわれることもある。
ただし、病原性をなくする方法としては殺菌以外にもあるので、滅菌とも殺菌とも違うという意味で、使い分けがされている。

除菌
微生物の数を減らし、清浄度を高めること。 食品衛生法で「ろ過等により、原水等に由来して当該食品中に存在し、かつ、発育し得る微生物を除去することをいう」と規定されている。

抗菌
菌の繁殖を防止するという意味。 菌を殺したり減少させるのではなく繁殖を阻止する事を指すが、対象やその程度を含まない概念。

実際上の効果があっても、法律では“消毒” という表現は、薬事法の対象となる薬品や、消毒剤の場合にしか使用できないので、一般的な理解と法律上の定義には、ズレが生じています。

風邪による経済損失

「健康第一」とよく聞きます。子供の頃は学校が休めるのでいまいちよく分からなかったのですが・・・
大人になるとその意味がよく分かります。

1年間に風邪をひく回数は、子供で平均4~6回、成人でも2~3回と言われています。休業や薬代での経済損失は風邪一回当たり平均2万円強とのアンケート結果報告があるようです。
成人で約4万~6万の経済損失・・・もちろん子供が風邪をひいても薬代や会社を休まなければなりません。

人間は一生のうち平均200回風をひき、生涯で丸一年風邪で寝込んでいるとも言われます。

「風邪をひかないこと」が究極のコスト削減・生産性の向上ですね。